良い習慣

みなさん、おはようございます。
毎日散歩をしている方も多いようです。
思いつきでいきなり運動をすると「もう若くはない」と思い知らされるはめになりますが、継続して無理のない運動をしていると健康にも良いですし、小さな体調の変化にも気づきます。
体調の良い日は気分よく歩けるし、頭もすっきりしてきますが、体の重い日、どこか痛いところがあることに気づく時もあります。
「何かを習慣にする」ということは、惰性や無目的化という罠もあるにはありますが、それ以上に自分自身に益することのほうが多い気がします。
皆さんは、何か「良い習慣」身につけてますか。
「神である主は、私に弟子の舌を与え、疲れた者をことばで励ますことを教え、朝ごとに、私を呼びさまし、私の耳を開かせて、私が弟子のように聞くようにされる。」イザヤ50:4
今日の英語教室の祝福のためにお祈りください。多くの子供たちが幼稚園を卒園する時が近づいています。
佐々木真輝

心に喜びを

みなさん、おはようございます。
お祈りいただいた**兄のお母様は、病状が幾分回復し、現在は小康状態とのことです。
信仰告白をされてからは今までは見られなかった明るさ、他の人への話しかけなどがあり、クリスチャンではない妹さんが驚くほどだそうです。
***の教会の牧師から病床洗礼を勧められていて、その準備を進めようとしているところだそうです。
詳しい様子はまた後ほどお聴きできるかと思いますが、信仰によってもたらされる喜びは、置かれた状況とは関係ないのだと思わされました。
「主の戒めは正しくて、人の心を喜ばせ、主の仰せはきよくて、人の目を明るくする。」詩篇19:8

コミック本

みなさん、おはようございます。
先日、ウン十年ぶり?くらいにコミック本を買ってしまいました。
『コミックいわて』という、岩手ゆかりの漫画家の方々の、岩手にちなんだ作品(といっても漫画)だというので、ついつい手が伸びてしまいました。
地元を元気にしたい、という気持ちや、故郷への愛情が感じられるものがいくつかあり、なかなか面白かったです。
中でも中年のお父さんが「さんさ踊り」にはまっていくストーリーのものが気に入りました。
何かしら「物足りなさ」を感じて、夢中になれるものを捜す同世代の気持ちがよく分かりました。
こういうところに「地元に残っている人々」への宣教のヒントがあるのかもしれない、などと思ったりもしました。
「あなたの家、あなたの家族のところに帰り、主があなたに、どんなに大きなことをしてくださったか、どんなにあわれんでくださったかを、知らせなさい。」マルコ5:19
今日は午前中は婦人会、午後は祈祷会です。
そしてひな祭りの今日は****姉と****姉の誕生日です。祝福を祈りましょう。