遠くの者にも近くの者にも

みなさん、おはようございます。
年賀状のやりとりが一段落しました。今年は思いがけない方から届いたりして後から何回かに分けて追加することになりました。
以前は、「年賀状だけの付き合いなんて」と思っていました。でも自分こそ年賀状しか出さないっていう相手が結構いる訳ですから、むしろ筆無精な者にも送ってくれる奇特な友人知人に感謝すべきかな。
年に一度だけでも友人や親戚の様子を知ることができるのは嬉しいことです。その中に込められた喜びの知らせや残念なことに思いを巡らしながら、遠く離れた親戚や友人たちにも良い知らせが届くようにと願わずにはおられません。
「わたしはくちびるの実を創造した者。平安あれ。遠くの者にも近くの者にも平安あれ。わたしは彼をいやそう。」と主は仰せられる。」イザヤ57:19
今日は****姉の誕生日です。
夕方からは青年有志の学びがあります。

たすきをつなぐ

みなんさん、おはようございます。
お正月の楽しみの一つに箱根駅伝があります。もともと私は興味のある方ではなかったのですが、家内の影響で楽しみにするようになりました。
駅伝の一番のおもしろさはタスキをつないでいかなければならないところです。自分の受け持ちの区間を全力で走り、次の選手にタスキをつなぐ。
これは同じ長距離でも一人で走りきるマラソンにはないおもしろさですね。
だからドラマがあるし、勝ったときの喜びも、上手く行かなかった時の悔しさも大何倍もきなものになります。
私たちの人生も仕事も一人で走りきるマラソンというよりは駅伝のようかもしれません。互いを覚えながら自分のやるべき事には全力で取り組みましょう。
「立ち上がってください。このことはあなたの肩にかかっています。私たちはあなたに協力します。勇気を出して、実行してください。」エズラ10:4

家族の時間

みなさん、おはようございます。
昨日の礼拝では、帰省で久しぶりに「家族」で共に礼拝を捧げに来られた方々が何組も見られ、とても嬉しい一時となりました。
社会の変化でお正月はみんなそろってお休み、というのも難しい場合があり、ますます家族の絆を確認する機会が貴重になっていくんでしょうね。
今日でお休みも終わり、明日から平常に戻る方も多いようです。可能な限り家族の時間を楽しみ、ゆっくり体を休めてください。
「その所であなたがたは家族の者とともに、あなたがたの神、主の前で祝宴を張り、あなたの神、主が祝福してくださったあなたがたのすべての手のわざを喜び楽しみなさい。」申命記12:7
仕事中にやけどをしてしまった*****姉のため、風邪が抜けていない****兄、****兄のためにもお祈りください。