新しい世界

みなさん、おはようございます。
昨日は4つのグループに分かれてクリスマスの話し合いの時を持ちました。
私たちプログラム担当でも、皆さんにお願いしたように、クリスマス集会を行う目的について話し合い、3つのことに気づかされました。
ひとつは救いの良い知らせを伝えるということ、もう一つは私たち自身が救いの恵みを再確認するという目的です。
そして3つめは、これらの目的のために「勉強会」ではなく「お祝い」として行うのは、人々に「新しい世界」を体験してもらうためではないかということです。
他のグループではどんなことに気づき、どんな話し合いがなされたのでしょうか。お話を聞くのが楽しみです。
「あなたを慕い求める人がみな、あなたにあって楽しみ、喜びますように。あなたの救いを愛する人たちが、「神をあがめよう。」と、いつも言いますように。」詩篇70:4
今日は岩手同労者会が水沢教会で行われます。

小さな喜びと期待

みなさん、おはようございます。
昨日の英語教室が始まる40分くらい前に一人の生徒のおうちから電話がありました。
「子どもが早く行きたいと行っているのですが、何時から開いていますか」ということでした。
クラスの時間には落ち着きがなく、飽きっぽくて、ときどき脱走したりもするんですが、そんなふうに教会に足を運ぶことを楽しみに、心待ちにしていることがとても嬉しかったです。
この子をはじめ、集っている子供たち、その親御さんたちが教会に心を開き、やがて福音に心を開いてくれることをますます楽しみに祈っていきたいと思います。
「イエスは、幼子たちを呼び寄せて、こう言われた。「子どもたちをわたしのところに来させなさい。止めてはいけません。神の国は、このような者たちのものです。」ルカ18:16
今日の礼拝でお会いできるのを楽しみにしています。
また、共に集うことの適わない方々にも恵みと平安がありますように。

追う価値のあるもの

みなさん、おはようございます。
柔道家の谷亮子さんが現役引退をされたそうです。
20年近い競技生活の中で、金メダルだけでもオリンピックで2回、世界選手権では7回。各種大会でも何連覇もするなど、すごいのひとことです。
これだけの成績をあげたのは、運でも天才だからでもなく、努力を怠らず、目標に集中し続けたからなんでしょう。
多くのスポーツ選手にとってメダルは目標であり、努力を払って目指す価値のあるものです。
そこに向かっていくひたむきな姿には感動を覚えますし、学ぶべきことも多いですね。
教会で取り組んでいる英語教室もそうですが、これからはじまるクリスマスへの取り組み、あるいは個人的な生活についても、目標を見失わず、追う価値のあるものを追いかけていきたいものです。
「ですから、私は決勝点がどこかわからないような走り方はしていません。空を打つような拳闘もしてはいません。」2コリント9:26
今日は英語教室があります。お祈り下さい。