アイディアを形に

みなさん、おはようございます。
8月に予定している「流しそうめん」のために、毎年の課題だった、樋を支える脚をしっかりしたものにすることにしました。アイディアを出し合ってNKさんが図面を描いてくれることになっていました。後日、出来上がった図面は最初の構想とは全く違ったものになっていました。「なるほど、この手があったか」と納得するほど、作りやすそうで、形もシンプル。なおかつ収納にも便利な形。もちろん安定性も十分そうでした。
それで、昨日の午前中いっぱいかかって制作してくださいました。本人いわく、思うようには切れなかった。いや、もちろん実用性も、見た目にも支障はありませんが、実際に形にしようとした人だけが感じる不完全さや不十分さです。
アイディアやイメージを実際に形にするのはなかなか大変なものです。しかも、技術の足りなさや経験不足から、不完全さや納得のできない感じといったものも味わねばならないことがあります。一方、イメージだけで実際にやらなかった人は失敗もしないかわり、何も形に残らず、経験としても蓄積されません。
みことばの教えも、心で思い巡らすことは、とてもとても大切なことですが、やはりイメージするだけでは何も残りません。たとえ失敗しても、行動や祈りとして実際にやってみる、従ってみるということだけが、成長と恵みの味わいを経験する道です。

「主を恐れることは、知恵の初め。これを行う人はみな、良い明察を得る。主の誉れは永遠に堅く立つ。」詩篇111:10

今日の午後から火曜日まで子供キャンプです。その後お休みに入らせていただきますので、朝メールもひと月ほどお休みします。

佐々木真輝

私には良くても

みなさん、おはようございます。
昨日、東北地方も一気に梅雨が明け厳しい暑さになりました。ワンコたちも暑くてかわいそうとエアコンをつけたのですが、小さいほうがどうも、いわゆる「クーラー病」のようです。いつもの食欲がなく、吐いたりだるそうにして、かえってかわいそうなことをしてしました。設定温度はそんなに低くはないのですが、人間にとって快適な温度も小さい子にはちょっと厳しかったんですね。
私にとって心地よいこと、都合良いことが、あるいは当然の権利と主張できるようなことが、他の誰か、特に弱い者、小さい者にとっては重荷や辛さを与えてしまう場合があるということを忘れちゃいけないと、ハッとしました。

「ただ、あなたがたのこの権利が、弱い人たちのつまずきとならないように、気をつけなさい。」第一コリント8:9

佐々木真輝

好みの違い

みなさん、おはようございます。
朝メールではいろいろな「ネタ」を取り上げますが、野球やサッカーの話題になることも度々です。でも、ある方にとっては「苦手」な話題だそうで、それは申し訳ないことだなあと思いました。が、やめるのは難しいかもしれないなあとも思いました。 何しろ好きな話題なので…すみません。まあ、他にも政治の話題や芸術のこと、いろいろな好き嫌いはきっとありますね(皆さんの忍耐と寛容さに感謝します)。
考え方の違いは謙虚さや目指す方向が一緒ならある程度乗り越えられますが、好みの違いはそう簡単ではありません。ネコ派かイヌ派か、コーヒーは砂糖抜きか砂糖入りか、海派か山派か…数え上げればキリのない好みの違いがあり、あまり意味のない論争があります。それだけ、神様の造られた世界には素晴らしいものがたくさんあり、多様な人々の心を豊かにするものがあるのだと思っています。

「神はお造りになったすべてのものを見られた。見よ。それは非常に良かった。夕があり、朝があった。第六日。」創世記1:31

今日は藤***さんの誕生日です。祝福を祈ります。

佐々木真輝