朝メール【トラブル】

みなさん、おはようございます。
コンピュータのトラブルで朝メールをお送りできませんでした。
結構深刻な状況で、復旧までメール配信できません。
幸い、明日の礼拝のための準備等は全て終わっています。

解決のためにお祈りいただければ感謝です。

佐々木真輝

桜の散るころ

みなさん、おはようございます。
昨日は婦人会で和賀川近くの公園にお花見に行って来ました。思いの他寒くて、ゆっくり桜を愛でる、という余裕もなく、お弁当を食べてそそくさと帰って来てしまいました。でも、楽しい一時ではありました。
桜の品種や植わっている場所によって、すでに散ってしまった桜もあれば、今が満開というのもあります。今が盛りのものも、しばらくすれば散り始め、また来年のお楽しみ、ということになります。それぞれのタイミングで花を咲かせ、散って行く姿は私たちの心を捉えて離しません。
昨年5月に教会においでくださり、K国での働きのために準備をしておられたI先生が、そのすぐ後に深刻なご病気であることが分かりました。その後、たびたび届くニュースで闘病のご様子を伺っていましたが、おととい召されたとの知らせがありました。
冬を越えて再び桜が花を咲かせるように、よみがえりの朝に、再び命の輝きを取り戻し、再会できる望みをもって、散る桜の美しさをいとおしむように、召されて行く方々を覚えたいと思うのです。

「イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。」ヨハネ11:25

今日は****兄の誕生日です。祝福を祈ります。私は午後から神学校の教師たちの学び会です。仙台までは行かず、インターネットでの参加にさせていただきました。

佐々木真輝

ボケの花

みなさん、おはようございます。
教会のボケの花が可愛らしい花をつけて駐車場入り口あたりを飾っています。春は目まぐるしく楽しげに進んで行きます。
ところでボケの花の花言葉の一つに「指導者」というのがありました。実は、先日、そうした指導者の一人がまた天に召されました。L先生によって始められた花巻の教会の開所式の時にも駆けつけてくださった、宣教団体の指導者だった先生です。昨年、進行の早いガンをわずらっていることが分かり、闘病してこられましたが、一昨日、ご家族に見守られて安らかに召されたとのことです。
お会いする機会は多くありませんでしたが、穏やかな笑顔が印象的な方でした。どうして、それほどに素晴らしい賜物と人格を備えた人が、そんなに早く召されなければならないのかと、毎度のことながら混乱するのですが、ある場合には、この世で生きて長く奉仕する以上に、その死に向かう姿を通してもっと大きな働きをさせてくださるのかもしれません。
私なんかはまだ生きていることにしがみつきたいところがあるので、まだまだかな、と思いますが、死に備え、迎えるその姿にこそ、その人の本当の信仰と希望が輝くことは確かです。

「私にとっては、生きることはキリスト、死ぬことも益です。」ピリピ1:21

今日の婦人会はお花見を予定しています。いつもの時間に教会にお集まりください。祈祷会は普段通りです(悪しからず)。

佐々木真輝