美しい世界

みなさん、おはようございます。
夕べの満月は「ストロベリームーン」と言うのだそうで、「ピンク色にでも見えるのか」と思い月を見上げましたが、いつもと変わらなかったです。アメリカの先住民がイチゴの収穫時期の満月をそう呼んでいたのだそうです。手持ちのカメラで写真を撮っていたら、すぐそばに輝く木星が見えたので、そちらにカメラを向けると、なんと三つの衛星が見えるではありませんか(木星にとっての月ですね)!わずか5分だけのことですが、想像の中で宇宙旅行をした気分になりました。
神様の造られた世界は、大きさに目を向ければその圧倒的なスケール感に感動し、小さなものに目を向ければその緻密さ、精密さに感嘆します。そしてどこを見ても美しさがあり、調和があります。こういう世界を造られた神様であることを自慢したいと思います。

“あなたは知らないのか。
聞いたことがないのか。
主は永遠の神、地の果てまで創造した方。
疲れることなく、弱ることなく、
その英知は測り知れない。” イザヤ40:28

今日は市内牧師会です。

佐々木真輝

道を広げて

みなさん、おはようございます。
近所を走る道路はまっすぐ工業団地に向かいます。某メモリー会社進出のおかげか、交通量がかなり増えた印象です。特に通勤時間帯、帰宅時間帯は相当の車列が出来ます。そんなこともあってか、国道4号線の二車線区間が4車線されるようになるらしいです。道を広げなければあっという間に詰まってしまうのは道路も血管も同じです。
そして、圧倒的な神様の恵みを受け取り、他の人に分かち合うためにも道幅を広げる必要があります。途中で詰まってしまって届くべきところに届かないなってことがないように、神様に対する心を広げ、他の人に対しても心を広げるなら、たっぷり恵みを受け取り、また十分に分かち合うことができます。

“なんと幸いなことでしょう。その力があなたにあり心の中にシオンへの大路のある人は。” 詩篇84:5

今日は***さんの誕生日です。祝福を祈ります。また、今日は父の日でもあります。

佐々木真輝

網戸

みなさん、おはようございます。
昨日は神学校での会合のあと、家内の実家に向かい義母の買い物を手伝ったり、話を聞いたりして過ごしました。その話の中で、最近、網戸から小さな虫が家の中に入って来て困るというので、買い物にいった際、網戸にスプレーする防虫剤を購入し、さっそく使ってみました。効果があるのかどうかは様子を見てみないと分かりませんが、あらためて「網戸」はすごいなあと思いました。昔の「かや」から発展したものかもしれませんが、風は通しても虫は通さない優れものです。
良いものだけを通して悪いものを通さないフィルターの役割は、実は様々な場面や体の機能としてもありますし、心にも同じような機能があります。虫や最近はある程度自動的に防いだほうがいいですが、考え方とか善悪に関することは、一見正しく思える自分の判断が間違っていることもあるので、よく考えた上でフィルタリングしないと、変化の機会や間違いを正す機会を失うことにもなります。神様が私たちに与えた「網戸」は無意識のものではなく、意識して考えることを土台にしています。

“この世と調子を合わせてはいけません。むしろ、心を新たにすることで、自分を変えていただきなさい。そうすれば、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に喜ばれ、完全であるのかを見分けるようになります。” ローマ12:2

明日の午後は予定していたイベントがなくなりましたので、希望者によるトーンチャイムの練習をします。やってみたい方はどうぞご参加ください。

佐々木真輝