みなさん、おはようございます。
震災の年から、SNSをやるようになって、気づけばずいぶんたくさんの方々とつながるようになりました。遠方の方とのやりとりは楽しいですし、お互いの状況を確認し合えるのも便利です。でも、それだけの人たちが発信する様々な情報を見ていると、時々自分の考えとは真逆の考えを次々と発信している「友人」に出くわします。その人の働きや取り組みや個人的な性質については尊敬できたり、感心したりしますが、ある分野についての強い意見にちょっと「見るのやめようかな」と思うことがたまにあります。論争したいとは思わないし、こちらも好き勝手なこと(くだらないこと)を垂れ流してますから、お互い様ということでささっと読み流して済ませます。でも、何度も目にしていると相手のことを心配するより、こちらの気分が悪くなってくるものです。
人と関われば嫌なところが見えたり、意見の違いを発見したりするものです。対話で乗り越えられることもあれば、上手く行かないこともあります(相手が頑固なように自分も結構頑ななところがありますから)。

静かなクリスマス

みなさん、おはようございます。
クリスマスの飾り付けがされて、こんどの日曜から「アドベント(待降節)」の期間が始まります。いつもなら、クリスマスに備え、待ち望むアドベントの最初の日曜日に、クリスマスカフェを開催し、音楽ゲストを招いたりしていましたが、もちろん今年はそうしたイベントがありません。
さびしい反面、良い面もあると信じたいです。
それぞれの仕事や家庭での年末年始の忙しさ・慌ただしさに加え、教会でもクリスマスのイベントを成功させることが目標になりがちです(やるからにはもちろん成功を目指すのは当たり前ですが、目標はそこじゃないですよね)。いつにも増して静かなこの季節をより良く使いたいです。イエス様が人としておいでくださったことを静かに感謝し、その意味を思い巡らしたり、イエス様を心にお迎えすることの意味や恵みを深く味わう、というようなことに時間を使えたら素晴らしいなと思います。

“私は 主のみわざを思い起こします。
昔からの あなたの奇しいみわざを思い起こします。
私は あなたのなさったすべてのことを思い巡らし
あなたのみわざを 静かに考えます。” 詩篇 77:11-12

今日は婦人会と祈祷会があります。

佐々木真輝

歩いていく

みなさん、おはようございます。
歩いた分だけ「がん無料相談」の支援になる、というイベントに参加していましたが、その期間が一昨日で終わりました。普段から運動不足だったので、少し意識して歩きましたが、どうしても車での移動が多くなりがちでした。それでも3人分の相談に相当する貢献は出来たようで良かったです。いい機会なので、これからも歩くことを大事にしたいと思っています。
自分の足で歩けるというのは、健康な身体があってのことですから、加齢や病気、ケガなんかで助けが必要になったり、歩けなくなることはあります。最近、膝に痛みがあることがあり、自分にもそういう時が来るのだろうなと考えることがあります。人生もまた元気に歩める時だけではないですが、そういうときには周りの人たちや様々なことを通しての神様の助けがあり、支えられ、励まされて歩んでいけるのが感謝です。

“彼らが苦しむときには、いつも主も苦しみ、
主の臨在の御使いが彼らを救った。
その愛とあわれみによって、主は彼らを贖い、
昔からずっと彼らを背負い、担ってくださった。” イザヤ 63:9

昨日、埼玉のMさんから、写真とともに無事に第二子(女の子)を出産したとの報告をいただきました。産後はご実家で静養するということでしたので、しばらくしたらお会いできますね。

佐々木真輝