苦しいとき

みなさん、おはようございます。
昨日、Mさんの手術が無事成功したとのお知らせがありました。先週の手術からのまさかの再手術で、私たちも驚きましたが、ご本人にとってはその事実を受け止めるのも大変だったはずです。しかしこうして手術を終え、今はまだ術後の痛みの中にはあっても、やがてきっと神様が乗り越えさせてくださることでしょう。
試練というのはたいてい厳しいものです。ぜんぜん筋肉がつかない筋トレ風の体操があるんだそうですが、ひょいっと乗り越えられるようなのは試練とは言えないんでしょうね、きっと。ただただ苦しくて、意味なんか考えられず、ひたすら終わりが来ることを待つような試練もたまにありますが、厳しさや難しさ、耐えがたさがあるからこそ、試練ですし、何かを身につけさせ、学ばせてくれます。たいてい、そう実感できるのは後からなんですが、最中にあるときは、そのように信じていたいです。

“試練に耐える人は幸いです。耐え抜いた人は、神を愛する者たちに約束された、いのちの冠を受けるからです。” ヤコブ 1:12

今日は婦人会と祈祷会があります。

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA