スマホの健康チェック

みなさん、おはようございます。
例のセルフウォークリレーに参加し、この一歩がチャリティの募金になると思うと、意識して歩くようになりました。家から教会まで歩いたりすればもっと歩数を稼げるのですが、いろいろと不便さもあり、そこまでは出来ません。それでもスマホの歩数計を用いるので、教会の中や周りを歩き回るのもちゃんとカウントしてくれます。しかし、単に足踏みしたり、貧乏揺すりをしたのはちゃんと見分けてカウントしません。良い点は、歩数だけでなく、歩いた距離や歩幅、左右のバランスまでチェックしてくれるのです。これがあるお陰で、歩き方も少し気にするようになりました。
こういう、あれこれこまかくチェックし、指摘してくれるのを「有り難い」と思うか、「わずらわしい」と感じるかは、何を目指しているか、何を求めているかによって変わります。親の小言をうるさいと感じる時代と、ありがたみを感じる時代があるのにも似ています。聖書の戒めや警告を感謝するか、うるさいと感じるかも、何を願っているかによってずいぶん変わりますね。

“みことばの戸が開くと 光が差し
浅はかな者に悟りを与えます。” 詩篇 119:130

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA