侵入

みなさん、おはようございます。
しばらく朝メールを出せずにいました。先週末、教会やネットワークのホームページを置いているサーバーに不正なアクセスがあり、一部まったく更新も修正もできない状態になりました。サーバー会社に問い合わせたところ、対処方法としては全部一旦削除して、作り直すというもの。どこかの誰かが何らかの良からぬ企みでばらまいたものに、たまたま引っかかってしまっただけなのかもしれませんが、こちらとしては大迷惑です。およそ10年分の朝メールのバックアップも飛んでしまいました(泣)
どういう形であっても他者の領域に勝手に入り込むことは悪です。侵入する方はそれほど悪いと思っていなかったり、ほんの少しだけのつもりだったりするかもしれません。しかし、相手が受ける傷や被害は、その本人でないと分からないものです。私たちの心に語りかけるイエス様でさえ、心のドアの外で叩いて、私たちのほうからドアを開けるのを待っていてくださるのです。私たちはなおさら、理由はどうあれ他者の領域、心に勝手に踏み込むことは良くありませんね。ただ素晴らしい喜びと親密さは、こちらからイエス様を心に迎え入れる時に与えられるということも忘れてはいけません。

“見よ、わたしは戸の外に立ってたたいている。だれでも、わたしの声を聞いて戸を開けるなら、わたしはその人のところに入って彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。”
今日は婦人会と祈祷会があります。

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA