遅れを取り戻す

みなさん、おはようございます。
いろいろな仕事や約束が遅れたり、期限が差し迫って来たりして、一生懸命遅れを取り戻そうとしているところです。時間も体力も集中力も限られているので何かを優先させれば他の何かを捨てるか後回しにしなければなりません。某マンガの台詞じゃないですが「何かを得るためには同等の対価が必要になる」ものです。あれもこれもやり遂げようと休息や睡眠時間を削ると、翌日の仕事の能率を落とすことになり、結局はまた何かを犠牲にすることになります。
そういう見方からすれば、神様が私たちに赦しと祝福を与えるために、対価を私たちに要求するのではなくイエス様が代わりに払ってくださったということは本当にすごいことだと思います。私たちはいろいろと足りないように思えても、実はすでに大きな豊かさの中にあるこことを思い出して今日も励みたいと思います。

“しかし、恵みの賜物は違反の場合と違います。もし一人の違反によって多くの人が死んだのなら、神の恵みと、一人の人イエス・キリストの恵みによる賜物は、なおいっそう、多くの人に満ちあふれるのです。” ローマ 5:15

今日は婦人会と祈祷会があります。

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA