やってみて分かったこと

みなさん、おはようございます。
昨日、来週行われるオンライン集会のためのリハーサルを行いました。海外からの参加者も多いので同時通訳を付けるのですが、必要な人だけが英語音声を聞けるようにするための配信方法を考え、実際にやってみたというわけです。結果として、その方法ではうまく行かないことがわかりました。お金がかからず良い方法に思えたのですが、やってみて分かるいろいろな問題がありました。お金はかかるけれど確実にできる方法に変更することで対処することにしました。やってみなければ失敗もしない代わりに隠れている問題点や弱点にも気づきません。そしてもっと重要な場面でその弱点が大きな問題になってしまいます。だから練習やリハーサル、試験が必要です。
練習やリハーサルでの失敗は失敗ではなく学びです。そして神様の前での私たちの歩みは、人生そのものがキリストに似た者に変えられるための訓練でもあります。この人生での失敗は、人生をダメにしてしまうものではなく、豊かな実を結ぶための訓練の一環です。

“すべての訓練は、そのときは喜ばしいものではなく、かえって苦しく思われるものですが、後になると、これによって鍛えられた人々に、義という平安の実を結ばせます。” ヘブル 12:11

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA