皆さんは大丈夫でしたか

みなさん、おはようございます。
昨日の夕方、また少し大きな揺れが来ました。ちゃんと片付けておけばいいのに、乱雑に積み上げていたものがちょっと落ちた程度で被害はありませんでした。何人かの方々から無事との連絡がありましたが皆さんいかがだったでしょうか。この間の地震の時より揺れは短く小さかったので大丈夫だろうと思いましたが、津波注意報も出ていましたね。内陸で感じる揺れの大きさだけでなく、震源の深さ(浅さ)が大きく影響しますからね。
この間も感じましたが、地震やその直前の「地震が来ます」という例のアラームにけっこう体が反応します。揺れの状態と部屋の様子を見て「これは大丈夫だろう」と判断できても、心臓の方は急激に心拍数が上がり、強い不安もやって来ます。バアルと戦った後の預言者エリヤが自分の死を願うほどのうつ状態になったことを思い出します。どんなに信仰が強かったり合理的に判断する力あるとしても、人間の心身には限界があります。それは弱さというより、神様が与えてくださった心と身体を守るための安全装置みたいなものです。そういうときは無理をしなくていいのです。神様もそのような時は休息と回復を与えてくださいます。

“主の使いがもう一度戻って来て彼に触れ、「起きて食べなさい。旅の道のりはまだ長いのだから」と言った。” 列王記第一 19:7

今日はペルーから帰国した川崎淳宣教師が報告を兼ねてオンラインでご奉仕してくださいます。

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA