ほんとうに出来るか

みなさん、おはようございます。
昨日から受難週が始まりました。土曜日に受難週に向けた説教の準備をしている最中にMさんの母国のお兄さんが召されたとの知らせがあり、翌日語ろうとしている内容について改めて考えさせられ、祈らされました。結局、内容を変えることなく、そのまま昨日の礼拝でお話させていただきました(午後の大船渡礼拝でも同じ内容)。イエス様が十字架の苦難の向こう側にあるものを見据えて待ち受けるものをすべて受け止めたように、私もイエス様の愛に信頼し、約束に望みを置いて、たとえ苦難があっても、これからの人生を受け止めて生きて行きたいとお話したのですが、それを語りながら、Mさんが経験したような大きな悲しみ、理不尽とも言える苦しみを本当に受け止めて行けるのか?と問われていました。
イエス様はむやみに誓うことを戒め、「『はい』は『はい』、『いいえ』は「いいえ」としなさい」と教えました。だからこれから待ち受けるすべてのことを今想像しているようにちゃんと受け止めると決意はするけれど、誓うことはできないなあ、その時になれば逃げ出したり、めちゃくちゃ混乱したりするのかもしれません。人生はわりとそんなふうにみっともない面が多かったりするのだとは思いますが、それでも支えてくださる神様の愛と哀れみを信じます。

“あなたがたの言うことばは、『はい』は『はい』、『いいえ』は『いいえ』としなさい。それ以上のことは悪い者から出ているのです。” マタイ 5:37

今日は牧師会があります。まだオンライン開催が続きます。

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA