眼のかゆみとともに

みなさん、おはようございます。
黄砂のためにうっすらとそらが黄色がかって、折からの花粉とのダブルパンチで昨日は一日中眼がかゆくてしかたがありませんでした。今年になって花粉症になったという友人もおり「いらっしゃいませ〜」と仲間が増えたことを喜んでます。悪いですね。この辛さを共有できる人が身の回り増えるくらいしか楽しいことがないのが花粉症の辛さです笑。
私たちがこの世界に生きている限り、この世界の様々な動きに影響されます。大陸の砂漠が生み出す黄砂は周辺の土地を豊かにするような効果もあるのだそうですが、遠く離れた日本ではちょっとした公害にならざるを得ません。人間が良かれと思って山ほど植えた杉の木がこんなにたくさんの花粉をまき散らしてアレルギーを引き起こすなんて、たぶん誰も想像しなかったことでしょう。この世界は人間が思うように扱えるほど小さくはないし、人間に良いものを与えるだけでなく厳しさもあるのです。このあたりも、やがてイエス様の救いの完成とともに回復されるはずです。罪によって傷ついた人間が赦され救われるだけでなく、罪のために傷ついたこの世界もいやされるのです。

“被造物自体も、滅びの束縛から解放され、神の子どもたちの栄光の自由にあずかります。” ローマ 8:21

今日は婦人会と祈祷会があります。

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA