沼にはまらぬように

みなさん、おはようございます。
昨日は午後から時折カミナリが鳴り出し、夜まで雷雨でした。苦手な人にとってはつらい日でしたね。私は、いつか夜空に輝く稲妻を写真に収めたいと思ってはいるのですが、いつも落雷にあったら嫌だなあと、部屋の中からだと方角が合わないとか、なかなかうまく行きません。そんなにがんばらなくても美しい落雷の写真は世の中にあふれているのですが、やはり「自分でやってみたい」という気持ちは簡単には消えませんし、どうやればあんなふうにきれいに撮影できるのだろうかと考えたり調べたりするのも楽しいです。
好奇心は私にとっては新しいことを発見したり、経験したりするための原動力ですが、また同時に誘惑でもあることを自覚しています。よく趣味の世界では「沼」という言葉を使います。好奇心や探究心が行き過ぎて底なし沼に引きずり込まれないように気をつけないといけないですね(片足つっこんでるなと思うことはありますので)。

“わが子よ。これ以外のことにも注意せよ。多くの本を作ることには、限りがない。多くのものに熱中すると、からだが疲れる。” 伝道者12:12

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA