虹を見上げて

みなさん、おはようございます。
昨日も雷で、しかも雹まで降ったとか(気づきませんでしたが)。かなりの大雨になったところもありましたが、皆さんのところはどうだったでしょう。稲妻の写真はまたしても撮れませんでしたが、夕方、二重にかかった虹を見上げてちょっと幸せな気持ちになりました。
虹を見るとなんだか希望がわいてきます。具体的に明日何かいいことがあるという縁起の良い予兆とは違いますが、ノアの洪水の後に現れた時以来、私たちの生きる世界には厳しさもあるけれど、神様のあわれみと恵み、救いの希望の中に置かれていることを思い出させるしるしと言うことはできます。

“わたしが地の上に雲を起こすとき、虹が雲の中に現れる。…虹が雲の中にあるとき、わたしはそれを見て、神と、すべての生き物、地上のすべての肉なるものとの間の永遠の契約を思い起こそう。” 創世記 9:14,16

今日は***さんの誕生日です。祝福をお祈りします。

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA