正直であること

みなさん、おはようございます。
数年前に北海道に旅行に行った際、楽しみにしていたのは札幌の時計台です。「行ってがっかりする観光スポット」によくランクインされるそうですが、私たちにとってはそんなことはなく、いろいろと感動するポイントがありました。ところで、札幌の時計台とともに、「日本最古の時計台」を名乗ってきた時計台が兵庫県にありました。札幌時計台と同じ明治14年に動き出したのですが、実は正確な日付が分からずにいたそうです。気になった町内のそば屋さんのご主人が調べて、ついに古い小学校に残されていた古い日誌から日付が分かりました。なんと、札幌時計台から27日後の事だったのだそうです。そば屋のご主人は、これを公表したら「日本最古」と誇りに思っていた町の人たちがどう反応するか少し心配だったそうです。しかし正直にお伝えしたところ、皆さん「確かなことが分かって良かった」「よく調べてくれた」「うそを言わなくて良かった」と受け止めてくださったのだそうです。140年前の27日差ですから、もう札幌と一緒に「日本最古」でもいいじゃないかと私なんかは思うのですが、「日本で二番目」と名乗ることにしたそうです。
プライドや恐れのために正直さを犠牲にすると心が縛られますが、プライドを捨て、相手を信頼して正直であるなら心は自由でいられますね。

“直ぐな人を悪い道に迷わす者は、
自分の掘った穴に陥る。
しかし、誠実な人たちは幸せを受け継ぐ。” 箴言 28:10

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA