走り終えて

みなさん、おはようございます。
昨日は、盛岡の**さんと***さんの第一子誕生の知らせに心から喜びましたが、その直後に悲しい知らせを受け取りました。(すでに第一線は退いていましたが)フィリピンの保守バプテスト諸教会で長い間リーダーシップを取っておられたレネ・アティエンザ先生が新型コロナ感染症のために召されたという知らせでした。実は数日前には奥様も同じく召されていました。親しい方々から次々と情報が届き、だんだん最期の様子がわかって来ました。肺炎になり呼吸が苦しくなった状態でも、病院の医師に福音を伝え、その医師はイエス様を受け入れたそうです。非常に力強いリーダーシップを持ちながらも、個人的にお話するると本当に温かい方で、お会いした回数こそ少ないですが、今でも肩に手をおいて祈ってくださったときの手の温かさを思い出します。フィリピンの友人たちは「お父さん・おじいちゃん」を失ったような悲しみを覚えているそうです。奥様と共にずっと愛し仕えて来たイエス様とともに天にいるということだけが慰めです。

“私は勇敢に戦い抜き、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。” 2テモテ 4:7

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA