伸びた枝はばっさりと

みなさん、おはようございます。
いくつかの庭木が大きくなりすぎて、お隣に枝葉がおおいかぶさるようになっていました。一つは柿の木で、風で実が落ちたりもして汚くもしていましたから、枝を切り詰めました。容赦なく、ばっさりと。木の枝が伸び、葉っぱが茂るのは元気な印で喜ばしいことですが、お隣に迷惑をかけるとやっぱりまずいですからね。
人間も元気なのはいいことですが、勢い余って他人の領域に踏み込んだり、境界線を勝手に超えてしまうのは良くないですね。他人の心にづけづけ踏み込んだり、頼まれてもいないのに「教えて」あげたり…。神様が「刈り込む枝」にはそういう面も含まれているのかもしれませんね。

“わたしの枝で実を結ばないものはすべて、父がそれを取り除き、実を結ぶものはすべて、もっと多く実を結ぶように、刈り込みをなさいます。” ヨハネ福 15:2

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA