助っ人あらわる

みなさん、おはようございます。
昨日の午後は、今年最後の(?)墓園の草刈りをしてきました。来月、雪囲いのときに皆さんにお声がけしてますので、今日は一人でできるところまで、と思っていました。コロナ禍になって、人手も機会も減ってしまい、夏以来、草が伸びがちなのが気がかりでした。行ってみると、人力で草取りをした跡が見られ、気にかけてくださる方がおられたことに感謝でした。2時間くらいでできるところまでと思っていましたが、途中、聞きつけて応援に来てくださった方がおられました。おかげで予定以上に終えることができました。助っ人、ありがたいですね。
求めて与えられる助けはもちろんありがたいことです。人間とは面倒なもので、だまって見守って欲しいときもあるんですが、そういう時は別として、必要だけれど求められない事情があるときに、事情を感じ取って助けの手を差し伸べてくれるのはもっとありがたいです。そんなふうに誰かの助っ人になるっていうのはとても素敵なことです。それ自体が神様から与えられた賜物、祝福に違いありません。

“兄弟たち、あなたがたに勧めます。怠惰な者を諭し、小心な者を励まし、弱い者の世話をし、すべての人に対して寛容でありなさい。” 1テサ 5:14

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA