30年ぶりの勝利

みなさん、おはようございます。
興味のない人には申し訳ないですが、自動車レースの最高峰、F1で日本の自動車メーカーが唯一エンジンを提供しているチームのドライバーが年間チャンピオンになりました(重ねて言いますが、どうでも良いという人は気にしないでください笑)。30年ぶりということです(30年前はこれまた伝説のドライバー)。しかも最終レースの最後の周回で逆転して優勝を決めるという、とても劇的な勝利でした。この間、業績の低迷や不況、様々な事情から一時撤退していた時期もありましたが、再び参戦。それでも簡単に結果が出るわけはなく、前のチームでは成績が悪いとドライバーからもチームからもエンジンが悪いと愚痴られ、ほんとに酷かったです。しかし、今のチームでは基本的にリスペクトがあり、一緒に戦う精神があったことで持ち前の技術力、開発力が発揮されたように思います。
勝利には忍耐と努力が必要ですが、それだけなく、共に戦う仲間、結果が出ない時でも敬意を払う仲間が必要です。信仰の勝利はイエス様が与えてくださるものですが、この地上で生きていく中では(やはり負けることや後退することもあるので)一緒に歩んでくれる仲間と互いへの敬意、そして自分自身の信仰に立った忍耐と努力も必要です。

“ですからあなたがたは、現に行っているとおり、互いに励まし合い、互いを高め合いなさい。” 1テサ 5:11

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA