覚えられている

みなさん、おはようございます。
我が家ではそれほどひんぱんにクリーニング屋さんを使うわけではありませんが、それでもたまにクリーニングを頼む時には決まって「ここ」というところがありました。ですが残念ながらお店をたたんで、建物も解体されはじめました。チェーン店ですからどこで頼んでも違いはないのですが、そのお店の方がとっても良い人で、頼む時にはここという気持ちにさせてくれるのです。我が家のようにそう何度も使うわけではなくても、顔と名前を覚えていてくれて、「佐々木さんだよね」と言って、ささっとタグに書き込んでいきます。すべてのお客さんの名前を覚えているわけじゃないと何かのおりに聞いたことがあります。でも、覚えられているというのは嬉しいですね。
イエス様も私たち一人一人を覚えていてくださいます。それは本当に嬉しいことです。そして、誰かにお会いしたときに自分が覚えられていることも嬉しいですし、励まされます。自分もそのようにありたいと思いながらもどうも不得意で、名前と顔が一致しなかったり、せっかく向こうが覚えていてくれるのにこちらは「どこで会ったんだっけ?」と焦ったりすることが多い始末。クリーニング屋のおばちゃんを思い出しながらしんみりしてます。

“門番は牧者のために門を開き、羊たちはその声を聞き分けます。牧者は自分の羊たちを、それぞれ名を呼んで連れ出します。” ヨハネ 10:3

今日は婦人会と祈祷会があります。午後は神学校の理事会にオンラインで出席します。

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA