念のため

みなさん、おはようございます。
今日から大学生たちの集会(KGK春期学校)が始まります。今日はオンラインですが、明日からは対面で行われます。新型コロナの感染が拡大してからは子どもキャンプも出来ずにいましたし、この手の集会は本当に久しぶりです。毎日、岩手だけでなく東北各地の感染状況を気にしながら、2週間前から毎日体温を測り、健康チェックを重ねて来ました。さらに事前の抗原検査を行います(学生たちがそういう計画を立てました)。そして終わってからも市内の薬局で受けられる検査を予約しています。さらに、家内の職場の上司からは家族が県外の方と密接な接触があった場合には3日間の隔離をしてほしいとの事でしたので、しばらくゲストハウスで過ごします。
ふだんの生活パターンを考えると感染リスクが高いとまでは言えないと思いますので、こうした対策の多くが「念のため」なのだろうなとは思います。マスクをしない自由とか、気にせず生活したいと主張する人たちの気持ちも分かりますが、こういうことを少々厄介だなと思いながらもコツコツやっているから、誰かの助けになっているだろうと考えてやります。それが今の状況での、私たちの社会での隣人愛の一つのあり方なのかなと思っています。

“ですから、人からしてもらいたいことは何でも、あなたがたも同じように人にしなさい。これが律法と預言者です。” マタイ 7:12

少し早いですが、明日は****さんの誕生日です。祝福をお祈りします。
今週は婦人会と祈祷会はお休みとなります。

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA