桜の下で

みなさん、おはようございます。
昨日、朝メールで展勝地に行きそびれているということを書きましたが、家内に誘われて夕方行って来ました。今年はさくらまつりの期間中でも夜のライトアップはありません。出店や屋台も早めに店じまい。鯉のぼりも遊覧船も渡し船もありません。ですので夕方の展勝地は散り始めてはいるものの、まだまだ花を楽しめますし、人も少なく、静かで、むしろ良かったです。ただただ桜の花を愛で、風に舞う花びらを目で追い、夕暮れ時に桜の下を歩いている家族連れやカップル、学生たちを眺め、たわいもないおしゃべりをする。そんな時間がただただ幸せでした。
いろいろなことが制約されたり、我慢を強いられたりしても、何かしら喜びを見つけ、感謝して受け取る時、神様が与えてくださる幸せを実感できます。

“朝ごとに
あなたの恵みで私たちを満ち足らせてください。
私たちのすべての日に
喜び歌い 楽しむことができるように。” 詩篇 90:14

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA