記録達成の影で

みなさん、おはようございます。
プロ野球でひいきのチームがリーグ首位を守り続けていて、なかなか気分がいいですが、昨日はすごい記録が出ました。日本人選手として一年間にホームラン記録を持っていたのは王選手です(ぼくたちの子ども時代のヒーローです)。しかし昨日、ひいきチームのM選手が、そのホームラン記録、年間55本に並んだのです。その上は、プロ野球記録の60本ですので、ひょっとしたら行けるんじゃないかと期待してしまいます。打率と打点も加えた三冠王もかなり可能性が高いようです(これまた興味の無い人には何のことやらという話しですね、すみません)。
記録がかかってくると、相手も打たれまいと頑張ったり、敬遠したりしますから、そういう中で打ち続けるのは相当の集中力を必要とするはずです。いろいろとチラつく雑念も振り払わなければなりません。そのために毎回守っているルーティンをしっかりこなして打席に入る姿には教えられます。何度も書いていますが、良い習慣を身につけることは私たちの心をイエス様のほうに向け続けるためにとても効果的です。形だけになると百害あって一利なしですが、心を込めて続ければ信じられないほどの力を発揮することもあります。

“それからイエスは出て行き、いつものようにオリーブ山に行かれた。弟子たちもイエスに従った。” ルカ 22:39

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA