喜びのほうを選ぶ

みなさん、おはようございます。
昨日、予約していた1回目のワクチン接種がありました。接種会場となった病院の入り口にはデカデカと「面会禁止」の張り紙があり、緊急事態宣言下にある都道府県名が張り出してあり、これらの地域からの院内への立ち入りも原則お断りとのこと。ああ、ずっとこんな緊張が続いているのだなあと、医療関係者のご苦労を思い、また少しでも顔を見たい、そばにいたいという患者と患者家族の間も引き裂かれたままなのだなあと、心が痛みました。そういえば最近、第一子が元気に誕生した盛岡のN君も、パパになったというのにすぐには会えなかったそうです。
そういう不便さは続きますし、ワクチンを打ったら大丈夫とうことでもなさそうですし、工夫したり、楽しんだり、ちょっと我慢したりしながら生きて行くしかないですね。そういうのは、べつにコロナとか関係なく、人生はだいたいそういうものかもしれません。文句を言いながら生活することも、楽しみを見つけながら生きるのも、私たちの信仰と心のありよう次第です。そして喜びを選ぶ方が、私たちにとって断然良いことです。

“最後に、私の兄弟たち、主にあって喜びなさい。私は、また同じことをいくつか書きますが、これは私にとって面倒なことではなく、あなたがたの安全のためにもなります。” ピリピ 3:1

今日は婦人会と祈祷会があります。

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA