時が良くても悪くても

みなさん、おはようございます。
昨日、ネットワークのミーティングがあって各地の先生方の近況や祈りの課題を聞き合い、祈りの時を持ちました。それぞれ岩手に来られたタイミングは違いますが、数年の間に、そしてここ2年直接お会いする機会がほとんどない事もあって、お互いに変化もありました。自分自身の年齢の変化かから来ることもありますし、子どもたちの成長や、離れた地で暮らしている親兄弟の健康状態などもずいぶん変わります。香港のように政治的に激変したところもあります。コロナ禍のために虚しさを感じる方もおられました。
そうした中でも、家族のことをはじめ個人的な課題を抱え、取り組みながらも岩手に来た目的である働きを継続している姿に、ああ同じだなあと共感したり、もっと力が欲しいなと思ったりしました。そして牧師や宣教師に限らず、誰でもそれぞれに困難に立ち向かいながら人生を生きているのだなと、尊敬の気持ちを新たにしました。

“みことばを宣べ伝えなさい。時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。忍耐の限りを尽くし、絶えず教えながら、責め、戒め、また勧めなさい。” 2テモテ 4:2

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA