みどりの日

みなさん、おはようございます。
今日は「みどりの日」です。新緑の美しさと自然を造られた神様ご自身の素晴らしさを存分に味わえる季節ですね。桜が終わった展勝地では菜の花が盛んに黄色い花を咲かせているそうです(このまえ行った時にはまだ蕾でした)。その後はツツジが見頃を迎えることになるのでしょう。桜の規模ほどではないし、わざわざ遠くから観光に来るほどではないのかもしれません。人気でいったら、それは桜に軍配が上がりますが、それぞれに素晴らしさ、美しさがあります。
ものの価値の価値は人気や売上、シェアなどで図られがちですが、人の価値についても似たようなことをしてしまいがちですね。人気、人脈の豊富さ、生産性などなど。けれども、そういうものは生まれた時には誰も持っていなかったものです。人の価値は神様からいのちをいただき、この世に生まれて来てくれたことにこそあるのだと思います。

“あなたこそ 私の内臓を造り
母の胎の内で私を組み立てられた方です。
私は感謝します。
あなたは私に奇しいことをなさって
恐ろしいほどです。
私のたましいは それをよく知っています。” 詩篇 139:13-14

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA