経年変化

みなさん、おはようございます。
趣味で愛用しているアウトドア用のコップがあります。チタンという金属で出来たもので、軽くて丈夫。火にも強いので直火でお湯を沸かすこともできるという優れものです。長く使っていると、焼けた跡や傷がついたりします。特に熱が加わると「チタンブルー」と呼ばれる美しい青色に変色します。そういう経年変化はどれひとつとして同じものはなく、美しく、味わい深いものです。
信仰も歩みが長くなると、辿ってきた道のりの分だけ、味わい深く、美しいものになってきます。傷跡や何かの痕跡も、やがてその人の一部となり、その人を形造る大事な部分になっていきます。経年劣化ではなく、経年変化です。肉体はおとろえても、そうやって形造られる内なる人は日々新たにされるのです。

“ですから、私たちは落胆しません。たとえ私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています。” 2コリント 4:16

今日は午後から墓園の草刈をします。ご協力ください。

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA