何が待ち受けていても

みなさん、おはようございます。
夕べ、来週行われるイベントの打合せで3人のお医者さんたちと「がん検診」についてお話をしていました。その中で、最新の遺伝子解析による検査では50種類以上のがんについて罹りやすさを調べられるのだそうです。健康保険の適用外なのでかなりの高額にはなりますが、それでも知りたいという人はいるようです。ただし、治り易いか治り難いかまで分かってしまうそうなので、十分心の備えをした上で検査を受けるよう勧められるのだそうです。
科学や医療が進歩して様々な事が分かったり、予測できたり、あるいは難しい病気が治るようになっていったとしても、その人がより良く生きられるかはまた別のことだなあと思わされました。何が待ち受けるにしても、主にあって最善の生き方はできるものです。

“…時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。…” 2テモテ 4:2

今日は***さんの誕生日です。祝福を祈ります。
婦人会と祈祷会があります。

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA