勘違い

みなさん、おはようございます。
しばらく前に車の定期点検のハガキが来ていたのを思い出し、スマートフォンのアプリから予約できるということでしたので点検を予約しました。いつもは電話で済ませるのですが、営業時間外だったので忘れないうちに予約しておこうとしたわけです。それで昨日、予約した時間にお店に向かいました。「お待ちください」と言われ、座って待っているとなじみの整備士の方がニコニコしながら近づいて来ます。そして…「佐々木さん、予約は来週になってますよ」と。21日ではなく28日。めっちゃ恥ずかしかったので、逆に結構大きな声で「すみません、恥ずかしい〜。来週出直します!」と言って店を後にました。
小一時間、得したのか損したのかは捉え方次第です。昨日の場合は、やるべきことが結構たまっていたので得した気分です(もちろん来週、改めて時間を取らなければならないのでプラスマイナス・ゼロ)。失敗や勘違いと無縁な生活は望むべくもありませんが、そういう時にどう受け止めるかは私たちの選択にかかっています。人様に迷惑をかけてしまったならちゃんとお詫びしなければならないですが、恵みによって生かされている私たちらしい選択というのがあるようにも思います。少し、自分にも人にも寛容で良いのではないかと思います。

“私たちはみな、多くの点で過ちを犯すからです。もし、ことばで過ちを犯さない人がいたら、その人はからだ全体も制御できる完全な人です。” ヤコブ 3:2

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA