足を運べなかった理由

みなさん、おはようございます。
広島の平和公園にはまだ行ったことがないのですが、長崎の平和公園には数年前に長崎出張の折に立ち寄らせていただきました。今日は77年前、広島からわずか三日後、長崎に原爆が投下された日です。長崎には有名な平和祈念像や泉がある公園だけでなく、爆心地公園など、足を運ぶべき場所がたくさんありました。でも、実は「原爆資料館」には行きませんでした。あまりにも重くて足を運ぶことが出来なかったのです。広島に行く機会があったらちゃんと向き合いたいと思っています。
悲惨な戦争の記憶だけでなく、自分の中の闇や目を背けたくなるような世の中の闇に向き合うことは勇気のいることですし、そこで何かを知ることは、知識を得るのに留まらず責任を負うことを意味します(だからこそ怖い)。けれど、それなしには救いも前進もありません。

“主は彼らを闇と死の陰から導き出し
彼らのかせを打ち砕かれた。” 詩篇 107:14

明日から夏休みをいただきます。皆様もどうぞお元気でお過ごしください。

佐々木真輝

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA